都会のビジネスマン

会長挨拶

 令和3年度の活動も残り僅かとなってきました。新型コロナウィルス感染症は収束の目途が立たず、PTA活動も手探りな状態が続いています。

 今年度は新しい市P協の目的に根差した活動を考え実施してきました。1年間の活動を通して、市P協の立場だからこそ可能な社会関係資本(ソーシャルキャピタル)を築くことができつつあります。教育委員会や市民団体、専門家との連携を密にし、活動を通じて得られた知識や経験を会員に還元する流れが見えてきた1年だったと思います。

 現代において「コミュニティ」を活性させるためには、目的を分かりやすく伝えるためのビジョンやミッションは欠かせません。会則では伝えるのが困難な、川崎市PTA連絡協議会が思い描く社会を会員の皆様と一緒に実現していきたいと思います。

川崎市PTA連絡協議会 目的

① 学校PTAならびに区PTAの取り組みを共有し、PTA活動の「適正化」「活性化」を促進する。

② 関連機関と協力しながら、保護者と教職員と子どもたちの「交流」を促進し、多様性を受け入れることのできる「共生」社会を目指す。

③ 川崎市の教育方針の理解に努め、行政と連携し、子どもたちの教育および教育環境をより良くする。

組織図